PAINTS & THINKING OUT LOUD

僕がデザイナーを目指し始めた頃は、その作業の総てが手描きを出発点としていたように思う。
その時代はどれくらい続いたのだろうか。カラス口、面相筆、ミゾサシ、ロットリング、ポスターカラーなどなど。
今となっては、どこのデザイン事務所を覗いてみても滅多にお目にかかれない・・・・。
もうずいぶん前に写植やさんも街から消えてしまったし・・・・。友人のカメラマン達もフィルムからデジタルへと移行している。というよりは、前線ではもはや、フィルムでとることの方が少ないのだろう。気がつけばこんなに変化していたように思う。やっぱり、ノストラダムスの予言はあたっていたのかも・・・・。2000年以降、世間は目に見えてシステム変わりしているように見える。

37-11
“B” FOR SEASON’S GREETING CARD.(BLACK GRAPHICS)

“PRECIOUS TIME” FOR SEASON’S GREETING CARD.
“PRECIOUS TIME” FOR SEASON’S GREETING CARD.(BLACK GRAPHICS)

37-32
“JOY OF THE NEW YEAR” FOR SEASON’S GREETING CARD.(BLACK GRAPHICS)

37-42
“RAMBLING ON MY MIND” FOR SEASON’S GREETING CARD.(BLACK GRAPHICS)

38-12
MOUNT ROKKO JAZZ FESTIVAL 2007
1600×1300×2
ACRYLIC CANVAS

39-22
MOKUSOU FOR DINING


GUILD MASTER
1630×1630
ACRYLIC PANEL

40-22
MAN FROM SOUTH
1600×1600
ACRYLIC WOOD PANEL

40-32
BLACK and WHITE
1600×1600
ACRYLIC WOOD PANEL

TWINS
TWINS
1600×1600
ACRYLIC WOOD PANEL

40-52
S.GIRL
1600×1600
ACRYLIC WOOD PANEL

SHIGERU YAMASHIRO EXIVISION 1999 HILLSIDE TERRACE ANNEX TOKYO
SHIGERU YAMASHIRO EXIVISION 1999 HILLSIDE TERRACE ANNEX TOKYO

コメントを残す